中古物件の販売

不動産投資の要となるのは、収益物件です。収益物件次第で、不動産投資が成功するか否かが決定すると言っても決して過言ではないでしょう。 良い収益物件は新築物件だと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないのです。中古物件の方が収益物件に相応しいということも、往々にしてあるのです。 好立地であることは良い収益物件には欠かせない条件ですが、中古物件の方が好立地であることが多い傾向にあります。なぜなら、中古物件が建設された当時は、現在よりも住宅が混み合っていませんでしたから、好立地が選べたからです。特に住宅が混み合っている新築物件は、不便な場所に建設されていることも多々あります。 また、どの物件も最初は新築ですが、いずれは中古になります。ですから新築物件の新築というメリットは、僅かな期間しか持続しないのです。例えば、最初の借主には新築なので高い家賃を設定できますが、次の借主からは中古となりますから、家賃を下げざるを得なくなってしまうのです。

もちろん、価格が安いことも中古物件のメリットです。価格が安ければ当然、少ない資金で不動産投資が始められる、つまり、負担が少ない状態で不動産投資が始められます。特に大阪では 新築物件の1部屋分の価格で、丸々1棟販売されている中古マンションも多いと言われています。大阪の土地柄、安価に販売されている物件も少なくありません。そういった物件を探し出せれば、賃貸マンション経営ができますから、必然的に多くの収入が得られることとなります。価格が安ければ、それだけ状態が悪いということでもあります。状態が悪ければ、収益物件の役割は果たせないことでしょう。 しかし、リフォームやリノベーションを行えば、状態が悪い物件は生まれ変わります。とりわけ、ほぼ新築と同様になるリノベーション物件は現在、非常に高い人気があります。つまり、リノベーション物件は収益物件に相応しい物件なのです。ですから、高立地な中古物件を購入し、リノベーションを施すというのが賢い判断だと言えるでしょう。